読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベルレビューオンリー

ライトノベルレビューメインのブログ

機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上)

 

機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)

機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)

 

逆襲のシャア」から3年後を著名作家である福井晴敏さんが描く新たなガンダムシリーズの第1巻。
 既に完結しアニメ化もされていますね。

 プロローグがえらい長くて、こりゃ完全新作でこんなことしたら袋だたきだろうなあと。固定ファンがガッツリそんあ宇宙世紀ガンダムが題材だから出来るのでしょう。

 で上巻ってことである程度予想していましたが、肝心のユニコーンガンダムが起動するシーンすらなかったのには拍子抜けでした。
 まあ確かに、一介の学生である主人公があっさり乗り込むのはおかしいじゃんと言われればそのとおりですが、200P以上書いてヒロインの逃走の助け→目的地到着で離別、までしかやらないなんてねえ。

 まあこりゃすぐ下巻を読まなきゃなあ、とは思わされました、そういう意味では買わせる力はあったんですかね、文章力はさすがにベストセラー作家だけのことはありました。