読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベルレビューオンリー

ライトノベルレビューメインのブログ

“文学少女”と穢名の天使

ライトノベル

 

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)

 

 ライトノベル界の中で評判になっているシリーズということで手にとってみた、その第4巻。
文学少女”を自称する、物語を文字通り食べてしまう少女(?)と、数年前の出来事で心に傷を負い、今はただ平凡な日々を過ごすことを願う少年とが、文学作品をモチーフにした事件に巻き込まれそれを解決(?)に導く姿を描いていきます。

 第四作となる今作では名作「オペラ座の怪人」をモチーフに、またもやシビアな展開を迎えるエピソードでありました。
 1巻ではホンのチョイ役だったツンデレなクラスメイトが今巻ではメインヒロインとなり、語り手の少年に対する本当の心情とその親友とのやり取りのウラにあるものが相当に重く、ラストまで読んでも爽快感は得られませんでした。
 
 次の巻ではいよいよ、語り手の少年に過去と現在に大きく影響してきた少女が出てくるようで……また相当にシビアな展開を見せることになるのでしょうね。