読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベルレビューオンリー

ライトノベルレビューメインのブログ

“文学少女”と繋がれた愚者

 

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)

 

 ライトノベル界の中で評判になっているシリーズということで手にとってみた、その第3巻。
文学少女”を自称する、物語を文字通り食べてしまう少女(?)と、数年前の出来事で心に傷を負い、今はただ平凡な日々を過ごすことを願う少年とが、文学作品をモチーフにした事件に巻き込まれそれを解決(?)に導く姿を描いていきます。

 

 今作では武者小路実篤の「友情」をモチーフに、シリーズで初めて主人公の同級生にまつわる重いエピソードを描いておりました。
 そして語り手の少年の過去にもようやくと言いますか、まだまださわり程度でしょうが触れることになりこの巻はまずまず読めたかなあ、と思っていたところにラストの1ページで驚愕させられました……いやあ、まさかこう繋がってくるとは、と正直2巻までのこのシリーズは期待外れと感じていたのですがそれを一気に吹き飛ばしてくれましたね。

 これからも読まないわけにはいかないな、と思わせてくれた、まさしくターニングポイントとなる一作でした。