読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベルレビューオンリー

ライトノベルレビューメインのブログ

“文学少女”と死にたがりの道化

ライトノベル

 

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

 

 ライトノベル界の中でなかなかに評価の高いシリーズということで手にとってみた、その第1巻。

文学少女”を自称する、物語を文字通り食べてしまう少女(?)と、数年前の出来事で心に傷を負い、今はただ平凡な日々を過ごすことを願う少年とが、文学作品をモチーフにした事件に巻き込まれそれを解決(?)に導く姿を描いていきます。

 

 第一作となる今作では太宰治の「人間失格」をモチーフに、ライトなキャラ造形に似合わぬシビアでシリアスな展開を見せていきまして。
 正直、「こんな重いのが評判になるの?」と疑問に思うほどでありました。
 まあそれでも”文学少女”のキャラ設定に救われてか、読後感は悪くはなかったですが……語り手の少年の後ろ向きさがどうにも気になって、トータルではそこそこぐらいかな、という印象でした。

 今後も読んでいくつもりではありますが、展開によっては最後までは追うことはないかも知れません。