読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベルレビューオンリー

ライトノベルレビューメインのブログ

おれの料理が異世界を救う! 〜エルフの奴隷になんてなりません〜

 

  ライトノベルでなかなか流行っているジャンルの異世界×料理モノということで読んでみることにした一作。

 帯などの情報からすると「食戟のソーマ」の異世界転移版っぽいものかな、と認識して読み始めたのですが。

 

 う~ん、正直物足りなかったですかね……作者さんはきっちり調べていて荒唐無稽な料理とかではなかったですし、現実世界の手法で無双かと思いきや実は敵側にも対策となる手法があり、ヘンに主人公アゲになっていない点は悪くなかったのですが。

 

 まず、敵側のキャラがあまりにテンプレな性格・性向で興ざめでした。まあ蹴散らすべき存在なのは判りますが、こんな奴らが今後も敵として立ちはだかるとなると(彼らの師匠のことを考えるとそうなるのでしょうが)、あまり読みたい話にはならなそうに感じます。

 料理が素晴らしいという表現をヒロインたちの官能的な表情・仕草でイラスト挿入してくるのは、それこそソーマライクな表現で悪くはないと思いますが、実際の料理のビジュアルも大きくないと今ひとつ伝わってこないようにも感じました。最後のオムライスはだから良かったし印象にも残ったので、他の料理シーンでももっともっとあると良かったですね。

 

 その世界の神となる存在が包丁に宿ってるとか、エルフが悪い意味でやけに俗っぽいとか学園長とか興味深い設定もあったので惜しい気もするのですが、2巻出たとしても新刊即買いすることはないかなあ、というのが最終的な評価でありました。