読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベルレビューオンリー

ライトノベルレビューメインのブログ

空の境界 下巻

 

空の境界 下 (講談社ノベルス)

空の境界 下 (講談社ノベルス)

 

 「月姫」で大ブレイクした奈須きのこさんが描く、もう一つの「直死の魔眼」を持つ主人公の物語の完結編。

 いやあ、あのブ厚い上下巻を一気に読んでしまうぐらい、先が気になって止められない感覚は素晴らしいものでした……最後の章「空の境界」を読了後の満足感は相当なものでしたね。奈須さんの文体は小説媒体では特にクセが強いのですが、全く気になりませんでしたし。

 ただまあ、やはり(ゲームとの比較になりますが)「月姫」のが好みではありました。これはもう、ヒロインの魅力と戦闘の迫力がより月姫のが筆者にとって好ましかったとしか言えません。
 いかにもラスボスなキャラのエピソードもあそこで終結させるよりはもっと後半のが良かったように感じましたしね。
 蒼崎姉妹ではやっぱり妹がおいしい所をかっさらっていきそうではあるなあ、なんて印象を受けましたか。
 
 とはいえ出会えて良かった一作であったことは間違いありません。
 アニメ(映画ですが)も奈須作品としては初めて(?)成功したのではないかと思いますし。