読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベルレビューオンリー

ライトノベルレビューメインのブログ

学戦都市アスタリスク外伝 クインヴェールの翼

 

学戦都市アスタリスク外伝 クインヴェールの翼 (1) (MF文庫J)
 

  2016年4月現在、TVアニメ化され放映中の「学戦都市アスタリスク」の外伝に当たる一冊で、本編ではあまりスポットが当たっていないクインヴェール女学園の中で奮闘する少女が、参謀となるクールビューティーな少女と共に仲間を集め、5人での団体戦での大会出場を目指すことになります。

 最初にコミックで出ていたものを原案担当の原作者がライトノベル版として新たに発刊したということみたいですね、コミック版は読んでないのですけど。

 

 作者の三屋咲ゆうさんがあとがきで記している通り、本編よりも明快な、さっぱりしているというかお約束の展開で進んでいますね。主人公の少女も夢に向かって突き進む(ただしそれをいなされるとあっさり負ける)キャラで、それをサポートするミステリアスな少女が頭を抱えつつ、有効な手段を助言することで何とか戦えるようになっていく、仲間になる他のキャラたちもそれぞれに弱点を持っていますが、お互いに補っていくことでチームとしてまとまりを見せていくようになっていましたね。

 まあ本編で大きな活躍をすることは今後もないのでしょうけど、どんどん成長していく過程を楽しめるという点では本編に負けていないように思います、本編主人公の綾斗は剣技においては1巻の時点で既に相当な強キャラですからね。

 

  謎めいた少女の事情も気になるところで、少女たちの成長物語、今後も読んでいきたいと思えた作品でした。